都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【気象・地象】台風9号今後の見通し
9月2日午前6時現在、強い台風9号は、南鳥島の北西の海上、北緯27.5度、東経150度の海上にあって、ゆっくりと西南西に進んでいます。

ということらしいけど…
最新の台風見解をお伝えしましょう。

※この情報は、気象庁・ウェザーニュース社・中国中央気象局、韓国気象庁・マレーシア台風予報部・欧州気象機関・米海軍台風予報部の情報に、管理人個人の見解をくっ付けたもので、外れても責任は負えません。

台風は、四国沖にある夏の太平洋高気圧と、北海道の東海上にあるオホーツク海高気圧の板挟みに遭い、今後もしばらくはあまり速度を上げることなく西方向に進み、5日午後から進路を北西→北→北東と変えて、東日本の太平洋沿岸に接近、上陸する可能性が60%、
あるいは、そのまま西進を続け、7日から8日にかけて西日本(紀伊半島から四国)の太平洋沿岸に上陸する可能性が35%、
そしてそのまま西進して九州付近に接近、上陸する可能性が5%くらいあるものと思われます。

台風の今後の進路は、今週の火曜日あたりにはだいたい決まって来るものと思われます。

今回の台風は、「爆弾低気圧」型。
これは、接近直前まで影響が出ず、強風域に入った瞬間に猛烈な暴風雨に見舞われるパターン。

仮に東日本接近ルートを通れば、東京周辺に影響が出始めるのは5日夕方以降とみられます。
関東地方からの帰省を計画している場合は、最新の台風情報をご確認ください。
(ちなみに、お薦めはウェザーニュース社です。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。