都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月15日(日) 近況報告。
こんばんは。
久しぶりの更新になってしまいましたので、とりあえずはざっと近況報告します。

先週月曜日から、試験勉強を本格的に開始したんですが、12日~14日は五月祭の方のミーティングやら頭を強打して大学病院に運ばれたりやらで、あんまし勉強出来ませんでした。
さらに五月祭の方も、原子力に関する知識が増えれば増えるほど、原子力政策を組み立てる難しさがどんどん分かるようになって来て、結構、「四面楚歌」状態です……


とまあ、暗雲立ち込める状況なわけですが、それにも負けないくらい嬉しいニュースもありました。

今、僕らの学科の3年生と2年生が中心になって進めている「STEP」という企画の前身にあたる、「Channel to Earth」(今の3年生と4年生が中心となり、昨年の五月祭で研究発表した)が、1年間にわたる研究結果をまとめて発表していた学術論文が、エネルギー総合工学研究所(←日本のエネルギー工学の大御所です)の論文懸賞で、最優秀賞に選ばれたと言うのです。
http://www.iae.or.jp/ronbun/oshima_result.html

大学の学部生限定というわけではなく、あくまで一般向け懸賞(実際、RITEやエネルギー経済研究所の研究者も応募している)で最優秀賞を取れるってのは、ホントにスゴイことだと思います。

今年の「STEP」に参加している3年生の中には、その「日本一のエネルギー戦略」を生み出した昨年度のメンバーの方もいらっしゃるわけです。
そういった方々と一緒に勉強させていただいているということを考えると、ホントにありがたい限りです。

さらに、今回の受賞を受けて、来年度の進振り向けの学科発行パンフレットに、僕らがやってる「STEP」の活動紹介を載せてもらえることになったようです!!
より多くの人に自分らのやってる企画について情報を発信できるってことは、すごくモチベーションのアップにつながります。
そして同時に、より多くの駒場生が僕らの五月祭の企画を見て、うちの学科を進学先に選んでくれることを願うばかりです。


とは言え、1つ上の代がそれだけの実績を残すと、今年の企画、さらには僕らの学年が中心となって進める来年の企画に対するプレッシャーもスゴイわけですが……
しかし、そういうプレッシャーってのは、決して悪いことではないとは思います。
個人的には、今年は2年生ながら「班長」という大役をいただいているので、周りの3年生の先輩方に迷惑を掛けることのないように精一杯努力するのみです。
「企画全体を引っ張って行くんだ!!」くらいの意気込みでやって行きたいと思います。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。