都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月26日(金) 今日でようやく……
【今日の生活記録】

・昨晩の就寝時刻…01:30
・今朝の起床時刻…08:00

・講義出席記録
(○…出席、×…欠席、△…遅刻、▽…早退、◆…休講)
1限:―
2限:―
3限:―
4限:―
5限:―

・食事内容と反省
朝食…食パン、ピーナッツクリーム
昼食…
夕食…
《概評》今日のお昼は本郷の生協食堂で食べます。夕食は……どうしようかな。




こんにちは。
昨晩は帰りが遅かったんで、更新できませんでした。

昨日は午前中から昼過ぎまで、本郷で五月祭の企画の原子力班の打ち合わせ。
そして午後は、夕方まで柏キャンパスで教授インタビュー。
今回の教授さんは、新領域創成学研究科で民生部門のイノベーションについて研究されている方でした。
環境・エネルギー問題を考えるに当たって、民間企業でのイノベーションはかなり重要な概念です。
(ここでは、新古典派経済学的な「イノベーション」ではなく、シュンペーターに端を発する「技術革新」の意味です。)
それは、ドイツにおける太陽光電池の普及の例を考えれば明らかでしょう。
問題は、如何にして民間でのイノベーションが進むような制度設計―つまり「システム創成」を行うかです。
それに関連して、政府が補助金をばらまくことが果たしてイノベーションの誘因としてどれほど寄与できるのか、といったテーマが現在進行形で研究されているようです。
現在の社会の複雑な問題というのは、政策だけでは解決されないし、技術だけでも解決され得ない、だからこそ「システムの創成」が必要なわけですが、五月祭の企画でも、そう言った視点にまで踏み込んで、聞いてる人の知的好奇心をくすぐれるような企画にしたいですね。

と、2年生のオレが言ってもあんましインパクトないですが(苦笑


んで、夜は23時過ぎまで、来年1月の同期会の下見に行って来ました。
クリスマスの夜に男4人で飲みってのはなかなか良いもんですねぇ(笑

終電で帰宅し、今日のプレゼンの資料を作んなきゃいけなかったんですが、飲み過ぎてきつかったためとりあえず仮眠……
のつもりが、起きたら8時ってゆうね。
それから頑張って何とかパワポは完成。
てか、昨日の夕方までオレを拘束しときながら、今日の午前中までにプレゼンの準備をしろとか要求厳しすぎです。
まあ、今日が終われば明日からはしばらくゆっくり出来そうなんで、体は大丈夫だと思いますが。
というわけで、今からプレゼンしに本郷に行って来ます。
それではまた。


※年末・年始の更新態勢について
年末・年始(12月27日~1月5日)は、次の通りに更新する予定です。
・通常の定期更新…おおむね2日に1回
・連載「2008年総見」…28日、29日、30日の3回を予定
・なお、「生活の記録」は、1月5日までお休みします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。