都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月7日(金) ビッグインパクト
【今日の生活記録】

・昨晩の就寝時刻…01:00
・今朝の起床時刻…07:40

・講義出席記録
(○…出席、×…欠席、△…遅刻、▽…早退、◆…休講)
1限:―
2限:環境・エネルギー概論○
3限:地球科学○
4限:流体力学A○
5限:流体力学A○

・食事内容と反省
朝食…菓子パン、アップルティー
昼食…ご飯、から揚げ、漬け物、ウーロン茶
夕食…ご飯、牛肉の炒め物、味噌汁、キャベツ、キムチ、アイスクリーム
《概評》昼食で野菜を摂れなかったのは残念だが、夕食で多めに食べたからまあよしとしよう。




こんばんは。
今朝は、いつもより早めに起床して、8時15分頃に出発。
なんでそんなに早く出たかと言うと、三鷹駅始発の地下鉄東西線直通電車で本郷に行くため。
いつもは中央線快速電車を利用してますが、なんかすごく混雑しててうっとうしいので、
さらに、足を怪我してるということもあって、
確実に座れる東西線でゆっくり行こうじゃないかという発想。
時間は20分くらい余計にかかりますが、
新聞読んで時間つぶししてればあっという間だし、
しかも運賃も100円安いので、悪くはない感じでした。

10時過ぎに本郷に到着して、
2限は、環境・エネルギー概論。
今回は、化石エネルギーの利用技術についてでした。
石炭は、一般的には天然ガスや石油に比べて、環境に良くない化石燃料というイメージが定着してると思うのですが、
昨今では、石炭のクリーン利用技術の開発が進み、石炭の利用性が見直されつつあるという話でした。

昼食は生協の弁当で済ませて、
3限は、地球科学。
今回の講義をやってくれた教授は、駒場の総合科目を聞いてこの学科に進学しようと決めるきっかけになった先生。
内容は、地球のこれまでの気候変動についてでした。
地球のこれまでの気候変動をグローバルな視野でみると、実は近年叫ばれてる地球温暖化は人間の経済活動によるものではなく、地球の自然な変動の一部である可能性が高いということが、いろいろな統計データなどを用いて、分かりやすく説明されていました。

地球温暖化は確かに起きているが、その原因は人間起源のCO2ではない。
CO2根源説は一部の国や企業が金もうけのためにでっちあげた偽りの理論である。
その上で、今、本当に求められている科学者は、地球温暖化対策を掲げて太陽光パネルや風力発電用の装置を熱心に開発する研究者ではなく、本当の地球の姿をとことん追い求め、将来起こるであろうドラスティックな気候変動を予測し、その対策を考案出来る科学者であるとおっしゃってました。
(石油や石炭の可採年数も、実際は100年以上あると言われていることも考えると、太陽光や風力による発電技術の開発は、企業や研究者の自己満足に終わってる可能性が高いということになりますね。)
自分も、将来、地球のシステムを解明する一役を担えるような科学者になりたいなぁという思いが一層強くなる講義でした。

4限と5限は流体力学。
今回は、流体の運動方程式の導出と、連続の方程式の導出をやってました。
なんか、本格的に意味の分からない領域に入って来ましたが、
来週、中間試験があるらしいので、とりあえずなんとかしなきゃいけませんね……


それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。