都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月21日(火) 伝えるということ
【今日の生活記録】

・昨晩の就寝時刻…02:00
・今朝の起床時刻…11:30

・講義出席記録
(○…出席、×…欠席、△…遅刻、▲…早退、◇…休講)
1限:―
2限:―
3限:―
4限:フェアネスの障害学○
5限:―

・食事内容と反省
朝食…×
昼食…ご飯、から揚げ、キャベツ、緑茶
夕食…ネギとんこつラーメン、餃子、アップルティー
《概評》概ね良好です。今後もこの調子で野菜を食べる努力を続けていきましょう、みたいなね。




こんばんは。
今日は、講義が4限だけと言うことで、朝はゆっくり目に起床。

昼過ぎから駒場に行って、昼食は弁当で済ませ、
4限の講義まで、図書館のメディアパークでシステム創成学概論のレポート課題の元ネタになる文書を印刷。
困ったことに、まさかの英文×A4で15枚。
それを全部読んで、A4で2枚程度の感想文を書くらしいですが……
最初の1ページを読んでみたところ、テーマが「システム思考への誘い」みたいな感じで、よく分かんない(^^;
これは恐らく、日本語で読んでも理解に苦しむ文章ってパターンだと思います。
今週末は学科のオリ合宿があるというのに、期限は来週月曜までとか何考えてんだって感じ。

まあ愚痴はこれくらいにして、
4限は、フェアネスの障害学。
今日の講義は、受講者がそれぞれ持ち寄った、「(自分の中での)障害のイメージを一番よくあらわしていると思う画像」について、まずクラスをいくつかに分けたグループ内で発表し合って、さらに各グループの代表が前に出て、選んだ1枚の画像について状況説明と意味づけを発表するという内容でした。
僕の入ってた班は、5人で構成されていましたが、
そのうち、画像を持って来てたのが2人という事態。
こうゆうパターンになると、必ずと言っていいほど毎回、代表に選ばれてしまう(=押しつけられてしまう)わけですが、今回もその経験則通り、代表になってしまったわけです。

前の記事でも書いたと思うのですが、
このゼミの担当教官は、全盲の方なので、如何にしたら画像の情景を克明に伝えることができるのか、非常に苦労しました。
普段の生活では、自分の使ってる言葉で相手にちゃんと伝わってるかなぁなんてあんまし気にしないんで、非常にやりにくさを感じたというのが正直な感想です。
将来的に、研究者になるにせよ企業に勤めるにせよ、他の人に伝えるということは、とても大切なプロセスになって行くわけですが、
やはり、何かを本当に伝えるためには、まず、相手の立場に立って物事を考えられる人になることが必要なんじゃないかと思います。

結果的に、そこそこ上手く伝わっていたようだったので何よりなんですが、
伝わったという結果よりも、そうゆうことを深く考えながら話をする、そうゆう機会を持てたことがスゴく新鮮で、いい経験になったと思います。

その後、18時前まで図書館でシス創概論レポート課題の英文を読み進め、
18時過ぎからは、w2301君と夕食を食べに行きました。
別に新宿でも良かったと思うんですが、w2301君のわがままにより赤羽まで連れて行かれました(笑
まあいろいろと話をしたわけですが、
彼は、最近、いろんな意味で「多角化」が進行しているようで、大変そうでした。


明日は、午後から3コマですが、
午前中から図書館でレポ課題をなんとかしたいと思います。
それではまた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。