都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月9日(木) しゃれになってない
【今日の生活記録】

・昨晩の就寝時刻…01:00
・今朝の起床時刻…08:15

・講義出席記録
(○…出席、×…欠席、△…遅刻、▲…早退、◇…休講)
1限:―
2限:スポーツ身体運動○
3限:動機付けプロジェクトA○
4限:動機付けプロジェクトA○
5限:動機付けプロジェクトA○

・食事内容と反省
朝食…菓子パン、そば茶
昼食…ご飯、唐揚げ、キャベツ
夕食…焼き鳥、カツ丼
《概評》今日も野菜が少なめだった。明日は、野菜と魚を中心に食事を組み立てたい。




こんばんは。

今朝は8時過ぎに起床。
新聞に軽く目を通して、駒場へ。


2限は、スポーツ・身体運動のガイダンス&種目抽選。
サッカー、バレーボール、バドミントン、フィットネスの4つの開講種目に対して、
集まった履修希望者は、たったの25人弱……
僕はバレーボール希望だったわけですが、なんとバレー選択者は3人(^^;

ただ、担当教官の話によると、これでも快挙的に多く集まったらしい。
月曜日に2年生向けに開講されてるスポ身では、全種目合せて履修希望者が1人だったらしいし。

結局、バドミントンとバレーボールを合併して、隔週で両方の種目をやるという形で開講されることになったので、結果的にはよかったんですが、
ただ、総合科目としてのスポ身を、点取りのための道具だと考えてる人たちが多いということには、非常に大きな落胆を覚えます。

また、そういった考え方をしていない方にとってみても、専門課程に進む前だからこそ、スポ身はさらに重要になって来ると思うんですがね……
これから、(体力的、あるいは精神的な意味で)過酷な専門教育を受けていく上で、自分の体力作りや健康管理に気を配っておくのはとても大切なことだからです。
スポ身は、その良いきっかけを与えてくれる科目だと思うんですが……
さらに、スポーツは、新しい環境に入りたての2年生にとって、恰好の気晴らしにもなるであろうわけですし。
とにかく、今日の状況は非常に残念としか言いようがありません。


スポ身のガイダンスと抽選は15分程度で終了したので、
11時過ぎに昼食を食べ、昼休みは図書館で新聞を読んでました。

そして午後は、動機付けプロジェクト初回。
今日はガイダンスと言うことで、3コマ(4.5時間)ぶっ続けという悲惨な(?)事態は免れましたが、
次回以降は、4.5時間みっちりやるとかいうことで、相当な覚悟が必要な科目だと感じました。
しかも、学生45名程度に対して、教授3名とTA8名の計11名で講義するという、抜け目ない指導体制のようで、こりゃまったく気が抜けないなぁという感じです。
果たして、午後1時から6時前まで、ずーっと集中力が持続できるのか、これはある意味、自分との闘いな気もします。
とりあえず、最大限の努力はして行きたいと思います。


さて、明日は、初の本郷での講義です。
2限から5限まで4コマ入ってます。
とりあえず、遅刻だけはしないように早寝早起きを心がけたいと思います。

それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。