都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【PNS-1】 5月30日(金) テキトーさと実験精度は比例するか
こんばんは。
今日は2限の情報他クラの後、基礎物理学実験がありました。
今回は、特殊な振り子を使って重力加速度を求めるという内容。
結構高い精度で実験しないと、理論値と大きくかけ離れてしまい、試問で不確かさの要因について攻め込まれるという、いやらしい題目です。

毎回のことながら、オレのペアの人はO型なせいか、かなりテキトーです。
今日も、何度となく、

オレ「ここの数値はどういう処理をすればいいんかな?」
ペアの人「うん?まあ適当でいいんじゃない?」

みたいな会話が繰り広げられてました(^^;
ご存知の通り、オレもO型でかなりのテキトーさなんで(笑
きっとオレのペアの実験結果は相当崩壊してるんだろうな……
と思われるかも知れませんが、
これが意外に、毎回スゴく精度がいいんです。
今日のも、周りのペアが
「重力加速度が10㎡/s越えたんだけど…どうしよう…」
とか言ってる中で、不確かさ(0.2%程度)の範囲内で、理科年表の値と一致してましたし。

よって結論。
実験なんてもんは、細かいこと気にしてたら前に進みません。
大雑把に、ザクッといかないと(笑
まあこんなこと、試問中に教官に言ったら即刻再試問になるでしょうけど、
でも実際、そんなもんです。

この教訓は、最近の生命科学実験でさらにはっきりと確信しました。
生命科学の方は4人1班でやるんですが、
同じ班に、A型の女性の人が(留年生ですが)居るんです……
この人が、ホントにごちゃごちゃ細かい(^^;
「絶対、この人とはやってけないなぁ」と初回の実験開始後1秒で感づいたくらい(笑
でもその人は、よく実験で失敗してます。
やっぱ、何でも細かけりゃいいってもんでもないんです。
適度なテキトーさが、成功する秘訣なんだと思います(笑

とまあ、そんなとりとめのないことは置いといて、
明日は、夕方からゼミがあるんで、本郷出張です。
昼ごはんは、久しぶりに赤門ラーメンでも食べようっかなぁ……
とか考えると、こんな真夜中なのにお腹が鳴って仕方がないんで(^^;
今日はそろそろ寝ます。
それではまた。



[今日の生活記録 2年夏ver.]

◎昨晩の就寝時刻…00:50
◎今朝の起床時刻…09:30


◎講義出席状況:
1限 ―
2限 情報《他クラ》○
3限 基礎物理学実験○
4限 基礎物理学実験○
5限 ―
6限 ―
※◇は休講。
※△は遅刻・早退《←(出席した時間/90分)×1カウントで算入》

・現在の講義出席率
=97.44%(114.0/117.0)
・今週の講義出席率
=94.12%(16.0/17.0)
★5月の講義出席率
=95.77%(68.0/71.0)

目標出席率(95.0%)越えまで、M106.40
1年冬学期出席率(93.57%)越えまで、M103.50
1年夏学期出席率(61.50%)越えまで、M28.68


◎自宅学習:
基礎物理学実験の予習  2.0時間


◎本日の食生活:
朝食…×
昼食…から揚げ弁当、アップルティー
夕食…メンチカツ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>素直(∵`
そりゃ計算をテキトーに済ませたら、答えが求まるもんも求まらなくなるからね

A型な素直(∵`なら、こと細かに計算出来そうなもんだけど……(笑)
2008/06/01(日) 10:35:23 | URL | ミックス☆チェリー #-[ 編集]
対照的に、僕のテキトーな計算は命取りです………
2008/05/31(土) 21:45:54 | URL | 素直クール #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。