都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口語の和訳は反則でしょ……
スペイン語三列の和訳問題が、会話文と言うのはいささか反則な気がする……
なんか全然文法規則が守られてないし、辞書に載ってない単語多いし。

ちなみに、課題文の冒頭を和訳した結果↓
「それじゃここらで一休みして、もっと多くの種類の酒のつまみでも食べましょうか。そして快感を伴ってお話しましょう。まあペンギンはここに放っておいて、ちょっとやってみよう……
(以下、会話文)
女性店員『よろしければ、私に一杯のビールをぶっかけて、私の口にオリーブを詰めてもらえませんか?』
ナレーター『どんなタイプのお飲み物をお求めですか?お得意先は、どんな度数のお飲み物を欲するのでしょうか?』……」

この文章は一体………
僕は全くふざけてません。真剣に文法事項とか難語句を辞書で引いた結果がこれです。
だいたい、なんでいきなり「ペンギン」とか出てくるんだよ……
さらに後半は、なんか如何わしい小説の婉曲表現みたいな状況が起きている。
まさかこれを小テストの答案に書くわけにはねぇ……
誰かスペイン語をペラペラ話せる読者の方がいらっしゃいましたら、僕にスペイン語指導をお願いしますよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>素直(∵`
結構楽しいよhttp://blog103.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">(笑


まあ、カツ数学には劣るだろうけどね(笑
2008/01/06(日) 02:00:10 | URL | ミックス☆チェリー #-[ 編集]
た の し そ う で す ね http://blog103.fc2.com/image/icon/e/440.gif" alt="" width="14" height="15">
2008/01/06(日) 01:36:34 | URL | 素直(∵` #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。