都内の某大学生のブログ。専門の進学先も何とか内定し、ここからが勝負という感じです。気軽にコメント下さい!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【PIL-2】 12月27日(木) 関数電卓があるじゃないか。
こんばんは。
久しぶりの更新、ミックス☆チェリーです。
久しぶりと言っても、昨日の朝以来なんですがね(笑

さてさて、最近、高校数学に触れる機会が多いわけですが、その中で痛感したこと―それは、「絶対、計算力落ちてる」ってことです。
一応、大学でも数学とか物理系の勉強してるのになんで計算力が衰えるんだ?!……と、しばらく悩んでましたが(笑)、今日の午後、電磁気学を勉強してる時についにその答えに気付きました。

電磁気学で、少し複雑な分数の小数化をしようとした時のこと。
高校までなら暗算でぱっぱと計算してたはずのものを……
気付いたら関数電卓を取り出してた。
良く考えてみると、高校時代に数Ⅲでやったようなcosやsinの積分の計算も∑の計算も、大学の物理系の科目で出て来た時はすべて関数電卓頼み。
なるほど、そりゃ計算力は衰えて当然か。

受験生の時代、「数学は1日休むだけで計算力がすぐ落ちるから、毎日やりなさい」的なことをこっぴどく言われてたけど、今になってその言葉の真実性に気づかされました。

ちなみに、これは言い訳ではなくて、あくまで精密なる自己分析の結果です(笑)


とまあ、あんまネタがないので今日はこの辺で終わりにしましょう。
それではまた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。